院長の週末  



2017年   1-2  3-4  5-6  7-8  9-10  11-12
2018年   1-2  3-4  5-6  7-8  9-10  11-12 
2019年   1-2  3-4  5-6  7-8  9-10  11-12
2020年   
1-2  3-4  5-6  7-8  9-10  11-12
2021年   1-2  3-4  5-6  7-8  9-10  11-12




コウモリ 1月25日
コウモリ 1月16日
須磨海浜水族園 1月11日
コウモリ 1月11日
新年 1月1日





コウモリ
1月25日


導水路と廃隧道を見て来ました。

   


導水路ではユビナガが3000頭弱。

   


頭部の白化個体がいました。
密のど真ん中で、どんな姿か、いまいちわかりませんでした。

   


ウサギです。

 


キクガシラが1000頭いました。

   

   


ウサギコウモリがたくさんいました。

   


その他、ノレン、モモジロ、テングがいたけど、いい写真が撮れず。



コウモリ
1月16日


廃隧道のコウモリです。
いつものように、煉瓦の隙間にモモジロがいます。

   

 


キクガシラは、数百、固まって寝ていました。

   

 


別の隧道です。
ユビナガに、キクガシラ少々でした。

   




須磨海浜水族園
1月11日


コウモリ帰りに寄りました。
「年寄り料金」で、入園料1040円でした。
こちら

   




コウモリはじめ
1月11日


今年初めてのコウモリです。
いつもは入り口にツララがあるのですが、今日はありませんでした。小さな氷筍はあったので、上から落ちてくる水が無くなっているようです。

 


テングコウモリ。

   


モモジロです。

   


期待通り、キクガシラは1500頭ほどいました。
(右)真ん中はテングです。

   

   

   


近くにある、別の坑道です。
こちらではコキクガシラが350頭。

   


ほとんどの子を起こしてしまいました。
コキクガシラは温かめのところに生息し、すぐに起きてしまいます。

   


こちらにはグアノが富士山状に出来上がっていますが、作ったのはたぶんユビナガコウモリです。

   


穴の前は、ジャケツイバラだらけで、アプローチが大変です。

 


途中で見つけました。
カケスが猛禽類に食べられたのかもしれません。




新年
1月1日


いつもは年賀状を掲載するのですが、昨年、今年と喪中のため、年賀状は作りませんでした。
代わりに、年末に来た子の写真でも載せておきます。
数日間治療したところ元気になり、30日に田舎へ帰るスタッフに依頼して、カラスのいない山中で放鳥してもらいました。元気に飛んで行った、との事でした。